缶サット甲子園 関東地方大会

日 時 2011年7月18日(祝) 10:00~15:00
場 所 JAXA 筑波宇宙センター(茨城県つくば市)
運営主体 JAXA 宇宙教育センター

審査内容
プレゼンテーションによる機体審査とでバルーンから缶サット本体を投下して行う性能審査で全国大会出場校(出場枠は現在調整中)を決定します。

審査は予選時での缶サットの性能だけでなく、将来性(全国大会へ向けての改良計画及びそのマネージメントプラン)についても審査の重要項目とします。また審査は缶サット本体のみならず、缶サットキャリアの放出機構についても対象とします。

機体審査(PowerPointを使用したプレゼンテーション)
 10分間(プレゼンテーション5分、質疑応答5分)

審査概要
 缶サットの機構、搭載物
 缶サットの安定性(工夫した点)
 mbedの使用について(外部センサの使用状況等)
 全国大会へむけての改良プラン
 マネージメントプラン(全国大会へ向けてのサクセスラインやスケジュール設定等)


性能審査
バルーンから缶サットを放出、mbedによる物理量の計測、制御および搭載している動画カメラによる撮影を行い、動作確認を行うとともに、パラシュートの機構等について審査員が総合的に審査します。

mbedによるセンサの計測データ、動画データも審査内容に含めます。

実施手順
1.バルーンから放出された缶サットが安定して降下するかの確認
2.着地した時、機体が損傷していないかの確認
3.缶サットに搭載されているカメラの動作確認
4.缶サットに搭載されているセンサによる物理量計測(動作確認)

【タイムスケジュール】
10:00~10:10 開会式
10:10~11:30 性能審査(バルーンによる放出、投下)
11:30~13:00 休憩・休憩・昼食・午後の準備
13:00~14:00 機体審査(プレゼン)
14:45~14:55 審査結果発表・閉会式審

録画番組視聴

※ 画面左下の▲再生ボタンを押してご視聴ください
※ 当日の電波状況により、放送が途切れている部分があります事をご了承ください。
※ 音声、映像がブツブツと途切れる場合がございますがデータが蓄積されるまで、しばらく一時停止をすると改善する場合があります。

開会式~性能審査1

性能審査2

機体審査1

機体審査2

審査発表